座禅の心要⑶ 【気が木でない話】

ナルヤウニナル シンパイスルナ・・気が木でない話

以前、講演会の席上、若者に「ザゼン」・・「ココロクバリ」と漢字で書いてください・・と云ったが、男女10人中、「座禅」で全員×。「心配」の正解は女性2人だけだった。

座禅は、通常「坐禅」と書いて正解です。

 

はたして、ココロクバリの漢字の書けない人が、心配できるのか、ホントに心配です。

 

禪(坐禅)話の後、手を挙げての質問の多くは・・長時間、眼を閉じて、足が痛くなる我慢大会はコリゴリ。お釈迦様のおサトリには敬意を払うけれど、難しい禅語録(公案)が、現代社会のストレス解消に役立つのかどうか・・または「ZEN」は世界中で注目されているけれど「悟り」は、どんなことをすれば体験できるのか・・体験したとしても、自覚するのみと云われるが・・どうなるのか・・

坐禅の成果を聞きたがる人が多い。

こんな時、そうした質問をされた方に失礼にならぬよう、素玄居士(故・高北四郎 絶版)無門関 提唱の・・会得した禅境地、丸出しの講話=はてなブログ「禅のパスポート」で紹介中・・を見てもらうか・・あるいは、千年前の中国での勃興期の禅者の行録・・碧巌録(はてなブログ「碧巌の歩記・アルキ」)で意訳・紹介(関心のある方に)推奨することにしている。

正眼寺、故・梶浦逸外 老師は・・荒海の岩肌にしがみついて、大樹となった松は、最初、芽を出すとき大樹の根幹をなす「ゴボウ(牛蒡)根」を出して岩と一体になるという。人も初志一貫、(岩根を出す如く)坐禅して見徹、独抜せよ・・と云われたそうですが・・いまどき本当に「禅」を語れる方がいなくなりました。

アエテ言えることは、世の中、面白いか、役立つか・・ばかりの効能効果、機能機作の出来事でなければ価値はない・・と云われる中に、ただ一つ、無価値、無功徳、無効用・・何にも役立たない、評価できない阿呆な体験がある・・それが坐禅(ZEN)だと云うことです。

お釈迦様の禅体験「天上天下 唯我独尊」も、「喫茶去」も、「柳緑花紅」も、碧巌三十七則 頌・・これは私の勝手な意訳ですが・・

    三界無法  過去モ 未来モ アルガママ

    何處求心  ドコニ確カナ心ガアルカ。 本ニ拘ダワレャ馬鹿ニナリ・・

    白雲為蓋  大学出レバ ズルクナル。 金目ガアレバ シガミツク・・

    流泉作琴  役ニ立タナイ禅デシカ 純ナ悟リハ何処ニモナイゾ・・

一曲両曲無人會  コノ大自然交響曲ハ 慾ボケ人二解カル訳ナシ

雨過夜塘秋水深  大雨デ池ノ水増ㇲ チャント消息 ココニ在り。

云々の漢詩も、みんなゴリヤクなしの禅体験からホトバシリ出た禅者の一語・体験なのです。

今回のタイトルは 明日は明日の風が吹く・・まるでドリス・デイ主演の歌の文句「ケセラセラ」なるようになるさ・・の引用のようですが、私にとっては、全く違います。

岐阜伊深町 正眼寺 故・梶浦逸外 師の著作「道場」非売品の一節・・

「ナルヤウニナル シンパイスルナ」とは、一休さんのご遺言状にある・・と書かれていたのを特記しました。

純禅が温室栽培・接ぎ木の如く、修行・継承されていく・・気が木でない危うげの話です。

有(会)難とうございました。

一休宗純(1394~1481)1415年大徳寺 華叟宗曇の弟子。風狂の禅者。

一説に後小松天皇落胤説あり。酬恩庵京田辺市)88才没。 

 

至道の禅語10「雨滴声(うてきせい)」・・雨は「寂寥」を感じさせる♪♬・・だ!

〇⊡。・□⊡。様 

静かに雨音を聴かれる貴方に禅語「雨滴声」(うてきせい)を贈ります。          

拝復。大好きな雨音を聞かれているのですね。

以前、チョット「独りイス禅」の仕方をお話ししましたが、

その「公案」(坐禅時に自分に問うこと)・・ウッテツケの坐禅テーマを紹介します。

中国、浙江省にある鏡清(寺)に住持した道怤(きょうせい どうふ 868~937 雪峰義存の弟子)が、ある夜ふけ傍らにいる求道者にたずねた。

鏡清「あの窓の外の声(音)はナンダだ」

求道者「ハイ・・あれは雨がパラパラ降っているのです」。

鏡清「ああ、やっぱりお前さんも、己に迷って物(音」を逐(お)うか・・」

求道者「誰が聞こうと雨は雨の音です。ご老師はいったいどのように聞かれたんですか?」

鏡清「近頃 どうにか そうした思いに振り回されずに済むようになったよ」

求道者「どうゆうことですか」

鏡清「そのままを説明することは難しくないが、アリノママはナカナカ表現できないことだ」

             碧巌録 第四十六則 鏡清雨滴声

       【本則】挙す。鏡清 僧に問う「門外は これ何の声ぞ」

        僧云く「雨滴声なり」

        清云く「衆生は顛倒(てんどう)して己に迷い物を逐(お)う」

        僧云く「和尚 そもさん(どうなんですか?の意)」

        清云く「ほとんど己に迷わず」

        僧云く「ホトンド己に迷わずとの意旨(いし)如何(いかん)」

        清云く「出身はヤヤやすきも、脱體(だったい・具体的に)に云う

        のは難い(真実に即してはナカナカ答えられない・・の意)」

これは「雨音」から禅の世界に入りなさい・・との問答です。

禅は仏教ではありませんから、欣求・祈願はありません。

悟り(自覚)を得る坐禅をしているのに・・雨音から入れは異なことです。鏡清に問われて、雨の音を素直に「雨の音」と答えたのに「雨の音に騙(だま)された・・(雨の音を追いかけまわして)捉われてしまったオノレがいるだけだ」と云われたのです。鏡清老師が、雨の音を知らないで「何の音か?」と問うた訳ではないことに注意!

せめて坐禅の最中は・・耳(聴覚や眼・視覚など五感)で見聞するのでなく・・つまり、雨音に憑いて回ってしまうのでなく・・まるで、眼で聴き 耳で看るように坐禅で感じてみなさい・・と云う訳で・・イヨイヨ独り坐禅のスタートです。

 

独りポッチで坐禅するのは、生まれてくる時も、いま息をして生きている時も、そして死ぬ時も、独り(ポッチ)だからです。父母や、誰かが傍にいようと、誰もが、実は「独り(ポッチ)」です。坐禅は、仲間と一緒にするのは止めましょう。チョットした一人の時間・・大事な「寂寥」を知る時間を、ザワザワ(心が気を取られてしまい)お勧めできません。

坐禅は、難しくはありません。姿勢を正しく、まっすぐに伸ばし、椅子に坐り、眼は半眼に2メートル先の床を見るようにします(半眼にするのは、眠らないためと、妄想(思惟)が起こりにくくするためです)一呼吸が約10秒程度。「ヒトーツ・・フターツ~」と数えて「ムーツッ」で、もとの「ヒトーツ」に戻る・・繰り返し3回。計18回の数息観で3分間ポッチ、独りポッチの立派なイス禅の・・難しい効能書きで言えば「入流亡所 所入既寂 静動二相 了然不生」の姿です。

こんな難しいこと、知らないで結構です。

このことは 不生禅(盤珪永琢 ばんけい ようたく1622~1693)が述べられているように・・「坐禅は仏(覚)心の異名なれば、外に相を求めず借らず、万事につけ貧著(とんじゃく)のなきを坐禅といいまする。もしまた坐禅とて坐を求めて坐したらば、坐して悟りを開かんと思い、あるいは見聞の主を見つけんと思うは大きな誤りでござる(盤珪禅師説法 下=九 不徹庵本)

それだけに、雨音の好きな人にこそ「雨滴声」の坐禅をお奨めします。初めの内は、3分間といえど坐禅の呼吸ひとつ・・ままならないでしょう。

 気が散ったらおやめなさい。

また次の雨降る日、耳を澄ませて・・その「雨」を「雨の音」ではなく、呼吸にシンクロさせて坐禅するようにしてください。

3分できれば、もう3分・・時間など長くても、短くても、どうでもよいのです。先の「坐禅の心要」の壺中日月長・・が、「雨中日月長」に感じられるかも知れません。

ソレトモ・・頌にある「南山北山 転(うたた)霶霈(ほうはい)」・・どこの山の景色も いや増して土砂降りの雨もよう・・になるやも知れません。

 

一休さんは雨に感じて・・「有漏路(うろじ)より無漏路(むろじ)にかえる一休み。雨降らば降れ、風吹かば吹け」と雨滴声されました。

山頭火は「しぐるるや道は一すぢ」また「春雨の夜あけの水音が鳴りだした」と。

良寛さんは・・「五月雨(さみだれ)の晴れ間に出でて眺むれば、青田涼しく風わたるなり」と云う日もあれば、夜更けに道元の禅語録を読んで、共感のあまり本を涙で濡らし、明朝、訪ねてくる人が、どうして本が濡れているのか・・と聞かれたら、屋根から雨がもって濡れたんだと言い訳しよう・・と漢詩で書かれたこともあります。

・・良きかな愚の如く 道うたた寛(ひろし)・・詞の頭と尾の文字を取って大愚良寛と名乗った、私の最も尊敬する禅者です。

この他・・「雨ニモマケズ 風ニモマケズ・・みんなに木偶の棒と呼ばれ・・」宮沢賢治

童謡「♪アメアメふれふれ母さんが、蛇の目で出迎え うれしいな・・ピッチピッチ チャップチャップ ランランラン♪」北原白秋作詞 中山晋平作曲・・

雨は、禅で一番大事な「寂寥・・独り」を味わう最良の♪♬・・です。

誰にも、誰のモノでもない独り一人の「雨滴声」がありますね。

                                                                          有(会)難うございました。 

 

坐禅の心要⑵ ◆壺中 日月長(こちゅう にちげつながし)

        坐禅の心要⑵ 壺中 日月長し

GALLERY星ヶ岡アートヴィレッヂ(四国・高知)での話・・

6月29日、四国高知の友人、岩崎 勇氏(写心作家)の実兄、故、片木太郎 没後20年 画文集出版(編集岩崎勇)記念パーティに前日泊まりで出席した。

午前中、絵が展示してあるギャラリー星ヶ岡を尋ねた。画家の片木太郎氏は、早逝した四国の、あまり知名度はない方だが、起床時と就寝前、30分の静坐(禅)をなさっておられたようだ。どの絵も「空」が素晴らしく描かれていて、達磨の「廓然無聖」碧巌録第1則 武帝との禅問答、禅境地・・「カラリとした青空」を想わせ、絵の前・・前・・で、無言で立つ以外になかった。

本来、絵には・・くだくだしい注釈や由来・解説は要らない(説明が必要なのは絵ではない)

西欧の変化(へんげ)する空に禅の「色即是空」を受け取った。

空と云えば、昔、鎌倉円覚寺坐禅しながら、演劇学や映画論を学んだ学生の頃、アラン・ラッド主演の(任侠)西部劇「シエーン」の空の美しさに打たれて何度も映画館に通ったことがある。

それ以来の・・まっさらな空との出会いです。

独りヨーロッパを行脚した画家の心象に打たれました。

*折り・・高知への・・ご縁の方にお薦めしたいTPOです。

星ヶ岡アートヴィレッヂ 088-843-8572 高知市横内153-1 /6月29日~7月15日10:00AM~18:00PM/無休(地理・・よく調べて行かないと迷います)

この星が岡の展示場で(実に清楚で閑静なギャラリーでした)管理の武田さんと、時間の許すついで、茶道や利休、禅の話に及びました。

茶掛け「壺中日月長」は、その時の話題です

この一語は・・中国の仙人話(後漢書)に由来する・・汝南(じょなん)の町役人であった費長房(ひちょうぼう)が、軒先に壺をぶら下げて薬を売る老翁の言いなりに、その壺の中に入ると、そこは仙境だった。彼は仙術を学んで帰ると(僅か十日余りと思いきや)十数年の歳月が経過していた・・という。アインシュタイン相対性理論の、光速ロケットで旅した、わずかな時間と、地球時間のあまりにも長い年月の落差に例えられる話だ。日本の浦島太郎 中国版である。

これを茶道(茶人)は、禅の三昧境(地)と混同して、著名な書家の一行書(茶掛け)として珍重するに至った。

禅では、今・此処(孤・個)を大事とする。

禅者は、過去・現在・未来など時間経過を分別したり、壺中・壺外を比較区分して、その心境を語ることはしない。

禅では「日月長し」を、自分は・・どのように受け止めて・・暮らしているのか・・その禅境(地)を自身で感じたまま、語るだけである。

私は、社交的な茶道には関心がない。

だが、侘びとか寂びとか云うのなら、茶の湯の前に、生活の中で「独り坐禅」の三分間ほど なさることをお奨めしたい。

 

この「日月長し」の禅境を「壺に水仙、私の春は十分」山頭火・・これは、チョット禅臭くて私はとらない

例えば・・江戸期、原の白隠は・・「六月の風は安売り、売扇は価三文」と、暑い苦しい、好きだキライだ・・を、天然の風に託してサラリを述べている。

越後の山里、五合庵で「何となく心さやぎて寝ねられず 明日は春のはじめとおもへば」と、僅かの米や薬の代わりに揮毫している大愚良寛の書も、未練たらしくなくて好きである。

この雑記で、とっておきの禅者の一語は、壺中も日月も吹き飛ばして「喫茶去」で・・納棺から葬式まで済ませたような趙州従諗(じょうしゅう じゅうしん778~897)である。

趙州狗子(くす)・・無門関第一則「無」字の一関は、十年坐禅しても会得しがたいと云われる。

この「お茶をどうぞ」にかかっては、一杯のお茶すらマトモに飲ませてもらえないまま、役立たずの坐禅に齧りついて(果たして)身につくかどうか・・

さても ギャラリーの出会いこそ、楽しい「日月長」でした。有(会)難とうございました。

帰路はG20を終えて関西空港を飛び立つトランプさんのお蔭で、3時間余りも高知空港で待機され,ANAから千円の遅延お詫びの封筒をもらった。どうやら文章が茶道から誤サドウしてしまったようです。

◆7/3追記・・【附】西部劇SHANE(シエーン)1953年 主演 アラン・ラッド/監督 ジョージ・スチーブンス/撮影 ロイヤル・グリッグス/音楽 ビクター・ヤング /第26回 アカデミー賞 カラー部門撮影賞 受賞/主題曲「遙かなる山の呼び声」

 

 

元服の書㉜ どうして役立たない坐禅を薦めるのですか?

独りポッチ坐禅を どうして「役立たない坐禅」と云って薦めるのですか? 

中学・高校生とその親御さんたち~第2の人生を歩む方の求道の問いに答えて書いています

人が悩み、苦しむ時、坐禅が「役立つ」ものなのか・・「役立たない」ことなのか・・本当の「坐禅」を見極めてもらうために書いています。

この娑婆(現世)の不安や悩みの解決に「役立つ」はずの坐禅を試されて、長続きせずに挫折される方がほとんどです。それなのに、どうして「役立たない坐禅」を薦めるのか・・宇宙でただ一つ、人にとって役立たない無価値な坐禅をワザワザ行うことの大事さを知ってほしいのです。

いっそのこと、坐禅しようなどと思わずに、悩みを放り投げておけばいいのでしょうが、それでいて「役立たない」坐禅とか・・達磨の「無功徳」な禅とか・・の言葉、文字にこだわり、あるいは 役立つ坐禅がないものか・・

思いあがくのが人間の業(ごう)というものです。

推奨する「独りポッチ・イス禅」は、本や学問、寺僧の教導を受けない坐禅を行うように・・との、まったく単純な話です。

とりわけ「ZEN」に関心のある外国の方には(西洋は骨の髄から哲理、物理で成立している合理的社会ですから)ゴリヤクなしの禅について納得するのは、ナカナカ難しいことでしょう。

欧米の方にお薦めできるのは、仏教学者であり禅者であった故・鈴木大拙先生の「Living by ZEN」ただ(英語版)1冊。はるばる日本に尋ねてこられても、形骸化した禅寺や修行と称する、お坊さん専門の養成道場があるだけで純禅は絶滅しています。

禅は、教えられたり、学問して解かるものではないのです。

ただヒタスラ、独り木偶(でく)の棒のように坐禅したり、自己内面に求道し続ける好奇心がなければ、悟り(発見発明)がありません。

仕事や家事をしないで、坐禅三昧とか・・出家を口実に葬式仕事とか、昔、著名な禅者がいた寺僧の(拝観料めあて)の生業(なりわい)。TVに出演してトクトクと禅を語る・・出版(文字化)や講演(提唱まで)が、禅を紹介できる限度であると承知しない禅(モドキ)者は語るに落ちた仕業です。・・千年前の禅者たちは、川の渡し守をしたり、薪を売り歩いたり、農作や大工仕事をしたり、生活の糧、生業(なりわいの為)に働いて、折々に、独りで坐禅したのです。

中には乞食桃水(雲溪桃水・ウンケイ トウスイ・江戸期、筑後柳川の生まれ。宗派に拘らず、臨済の大愚、沢庵や黄檗隠元に参じたりした曹洞禪の禅者)無宗派自由人の鈴木正三に参じて影響を受け、大仏の掃除男、駕籠かき、馬のワラジ売りなど転転と移り住み、河原の乞食になり、最後は京都、鷹ガ峯でお酢売りをして死んだと云う・・名利を捨て果てた野聖の禅者がいます。日本の禪史上、宗派・寺僧に関与せず、独り坐禅も忘れて亡くなった、極め付きの散聖の禅者と云えましょう(無常迅速・・詳しくは、ご自分でお調べください)

禅は知識や学問、先達の教導、経験話・・一切、誰にも頼らず、坐禅する中でしか発芽し、開花し大樹となってくれない、自分だけがハッキリ自覚する体験です。

よく効果・効用のない坐禅を薦める、その理由を教えろ・・とメールが来ます。

実は・・この問いそのものが答えなのですが、知識、経験が邪魔をして、ナカナカ、自分が自分に納得できません。

現代、日本でも、電磁的媒体や教育偏差値、競合格差を当然とする人が多くなって、禅でいう「如」の行為がわからなくなってしまいました。

大袈裟な言い方ですが、この日本で一人でもいい・・この地球(宇宙)で たったの独りでもいい・・ダルマのいう「無功徳・無一物」の役立たずの禅を、造作なく(臨済の言葉)行(おこ)なって「禅ニヨル生活」を為す人が出現してほしい・・と願っているのです。

私が明大生(1960~)の頃、父が戦前・戦後・・参禅の師とした故・鈴木大拙先生(仏教学者・禅者)が 北鎌倉の東慶寺(松が岡文庫)におられた縁で、円覚寺続燈庵(故・須原耕雲老師・焔魔堂弓和尚)に寄宿。禅に関心をもち、坐禅をし、神田の古本屋で見つけた碧巌録や無門関の提唱本を、安保騒動にかまけて読み漁りました。当時、ヤルコト・・ナスコト・・冷や汗ものの、いい加減な青春時代でしたが・・後に、坊さんのトナエル四弘誓願の一語「煩悩無尽誓願断」(ボンノウムジン セイガンダン)に引っかかりました。

悩みは尽きないが、誓って断じます・切って捨てます・・という求道の誓いの言葉です。                          ところが、禅では「煩悩即菩提」(ボンノウ ソク ボダイ)といって、悩みや苦しみは、ソノママが悟り=釈尊(大覚・大慈)である・・とするのです。                             出家して迷える大衆を誓願度(救済)するべき禅の坊さんが、悩みを断ち切りたい(誓願断)と、悩みソノママが菩提(さとり)であることをゴッチャに丸めて、どうしようとするのか・・どこの誰も、この疑問を解決してくれませんでした。

仏陀の教え(仏教仏典)に嘘も方便。幼児が火宅にいて救い出す話があります。                              母親が、いきなり騒ぎ立てるとビックリして立ちすくむから、楽しく遊ぼうよとやさしく誘い出す例え話です。どうもこれは、うまく出来過ぎています。                              もし大火災であつても、そこに愛しい幼児がいたら命に代えても飛び込んで救い出すのが子を想う大慈(愛)・・母親ではないですか。火宅下にヨチヨチ、ニコニコ歩いてくるのを待つ母親などいやしないのです。

火事話のついでに・・「焼け和尚」と名がついた禾山禅鉄(かざんぜんてつ)の逸話が「禅の伝統」高橋新吉 著(宝文館出版)に書いてあります。                               伊予の大阪といわれた八幡浜市、大法寺の住職だった明治14年9月の一夜の事。火の手が本堂を嘗め尽くす中、師、越渓禅師の碧巌録(注釈・書入れ本)を須弥壇(しゅみだん)から取り出したものの、顔面、両耳焼けて瀕死の火傷で鬼の顔となって生還した。これを不惜身命というが、母親の子を想う心も、本来、そのようなものだと思います。

これとは裏腹に(二ユースで)子育てに疲れた親の虐待とか、子殺しがあり、悩みの果てが悲劇では、どうにもなりません。不審な家庭状況の場合、地域社会が問題がなくなるまで子育てを請け負い育てる仕組みが要りましょう。

煩悩即菩提が真実とすれば、誓願断とか、断捨離とか・・ゴミ箱整理の話ならともかく、禅(坐禅)では(不思議なことに)悩み・苦しみが、そのまま菩提(自覚・大慈)である・・これを達磨の道う無功徳(ゴリヤクなし)に体験しなさい・・と示すのが禅であり、禅者である・・と思います。               とにかく宗教(禅)臭きは「禅」にあらず・・です。

さらに、自覚(見性)して、どうなるのか・・どうするつもりか・・

宿無し興道と云われた故・澤木興道老師が、著作「道元禅の神髄」で述べておられる・・「万象の独露身(どくろしん)ひとり寂寥に身をゆだねる」・・役に立つも、立たないもない・・渓流の潺(せせらぎ)か・・路傍の小石になる生きざまが禅者である・・が結論となることでしょう。

 

寺僧の教導による坐禅をどれほどしても、    

それは何の役にも立ちません!

達磨・無功徳(役立たない)独りポッチ・イス禅だけが

「煩悩(悩みや不安)即(そのまま)菩提(さとり)」を

自覚させてくれる行為です。

有(会)難う ございました。(6/27 乞食桃水・追記) 

 

◆元服の書 ㉛ 生きるべき道と風に舞う無性のホコリ

庭掃除をしている禅者に、求道者は云った「大悟されたアナタが、今さら掃除をする必要はないでしょう」

中学・高校生とその親御さんたち~第2の人生を歩む方の求道の問いに答えて書いています

そしたら、すかざず「ホラ・・また(迷いの)塵が飛んできた」と、厳しい一語がお返しされた。

   これは、たしか趙州の言葉として、趙州録か・・で見た禅語だが、  

   今 確認するヒマがないので関心のある方は調べてください。

 「人の生きるべき道とは何か・・」

貴方にウッテツケの禅話・・中国唐代120才まで、禅を教導した趙州従諗(じょうしゅうじゅうしん778~897)の禅語録から、その答えを紹介します。

師の南泉に「如何なるか是れ道」と尋ねた趙州に「平常(心)是道」びょうじょう(しん)ぜどう・・と一語されて、ソノママ大悟した有名な逸話は・・(はてなブログ/禅のパスポート)素玄居士提唱、無門関十九則で意訳中、近日 掲載します。

今回は 小さな禅院を構えた、老熟した趙州に問答する求道者(趙州録)の一節です。

   問う「如何なるか 是れ道」

   師云く「墻外底」(しょうげてい・アンタの歩いてきた小道は垣根の外だ)

   「者箇(しゃこ)を問わず」(ソンナ小径じゃありません)

   「什麼(いんも)の道をか問う」(いったい、どんな道だい?)

   云く「大道」(大きく沢山の人が歩む道のことです)

   師云く「大道透長安」(ナンダ・・大道は長安の都に通じているよ)

 何か・・問う求道者と趙州(禅者)との間でチグハグです。

上から見れば重なって見える会話でも、横から見れば隙間のある チャントした対話になっていない空回りの問答です。

「ドウシテカナ・・?」と感じた、ソノママで、あとは独りポッチの坐禅をして、食い違い・行き違いの発見は、アナタだけでしてください。柔道とか茶道とか、ゴルフ道とか・・ナンでもカンでも「道」をつけたがる日本人ですが、ゼッタイ「禅道」とは云いません。「座禅」とも書きません。

「平常心」とは、スポーツなんかでいう日頃の「非常/平常」の比較から言っているのではありませんし、大道とか小径とか・・対比、大小、分別、差別して趙州は語りません。

趙州には「道は足下」にあり。風に舞い上がるゴミや落ち葉を掃除しているだけなのです。この生々溌剌(はつらつ)な禅境(地)に到るには、大悟して、なおも三十年の修行が必要だと無門は云っています。

 無門曰く 

 趙州たとい悟り去るも さらに参ずること(坐禅)三十年にして始めて得(う)べし。

禅は、仏教の一部として寺僧の教導がありましたが、育ててもらっただけで、本来、仏教(宗教)ではありません。

また、哲学や道徳/倫理・論理的検証の学問でもありません。

ただ・・無功徳(むくどく、ゴリヤクなし)の独り坐禅で、自己発見・発明(悟り/見性)して「禅ニヨル生活」を行っていくだけ・・のことなのです。

私は、坐禅の初歩・・はじめっから終りまで、何かゴリヤクのある「坐禅」と考えず、何も役立たない、効果効用のない坐禅をすることが、純禅の在り方であり、釈尊や達磨、禅語録に登場する禅者の「禅ニヨル生活」であると思います。

貴方が「人の生きるべき道とは?」・・と、内側から湧いてきた「?」を大事にして、この奉魯愚で記述した・・サモサモの解説で納得しないことを祈ります。またテレビや本やスマホ情報、お仲間、団体・組織などあらゆる 社会の干渉から離れて、先入観念に影響されることの無いように。

但し社会生活は、誠実に協力していくことは当然のことです!

 あると思うな親と金!

   ナイトオモウナ運ト災難・・

欣求宗教・組織的教導や知識・薬物による依存は、最も悟りを妨げる出来事です。読み捨てにして、一日1回でも、たったの3分間・独りポッチのイス坐禅を為されますように。一番厄介なゴミは、捨てても捨てても増殖して湧いてくる・・言葉・文字による(頭の中の想い)妄想です。わずかに、3分間ほどの独りポッチの坐禅だけが・・空気清浄機のように毎日のゴミを吸い取って、無性(無聖・無償)で霧消してくれるのです。

有(会)難とうございました。                     

 

 

◆雑感⑴ ゴルフパターと阪神大震災

Qトランプ大統領が来日、安倍首相とゴルフしたとか・・

「ゴルフ」はされますか・・? 

昔、会社の接待ゴルフはしました。今はしません。

そのゴルフの初めて・・を教わったN.Kさん。

戦前からの生粋ゴルフ道の方でした。

 

昭和52(1977)年・・私が関西で独立、創業して以来、事業などで教導いただいたN-Kさんが2002年お亡くなりになった。

香典返しに戴いたC社の10万年間1秒も狂わない太陽光発電の腕時計が17年たった・・現在も正確無比に時を刻んでいます。

地震と云えば、私にとって、阪神神戸大震災が忘れられません。

平成七(1995)年1月、阪神神戸大震災でN-Kさんのお宅は全壊しました。東京で会議をしていた私は、翌日、阪急西宮駅から、全壊した家やビルや倒れ掛かる電信柱を潜り抜けるように、神戸方面のN-Kさんと娘さんや、他、数名の従業員の安否を確認に、壊れた家の間を歩き回りました。関係先のどなたも無事でした。N-Kさんが姫路に避難されるまでの1週間ほどは、寒いガレージで暮らされて、水かお茶と、ホカロンと懐中電灯を要望され、ツイデニご近所にもさしあげました。イザ大変な災難に遭遇すると・・ジュースやパンなど、数日、口には入らないのでしょう。TVやエアコンやピアノが、隣の壁を突き破って、飛び込んできた・・暗闇に屋根の雀が瓦に当たって全滅した・・ベッドで寝ていた人は、どなたも、おそらく70CM位は、飛び上がったのではないだろうか・・東灘区のご近所でも死者が出て、市役所前では、段ボール製の棺桶が組み立てられていくのを、救援に行ったはずの私も救援のパンをもらい齧りながら眺めていたのを思い出します。

どうにかこうにか大阪の事務所に戻ると、普通の会社員姿の人々が行きかい、夜のネオンがまぶしくなって、薄汚れた(ボランテアの)私が、異次元から辿り着いたように思われる・・時差現象にトマドイました。

 閑話休題(それはさておき)・・

N-Kさんは、戦前からの芦屋ゴルフ場会員です。事業を始めたばかりの生意気な私が、初めて接待ゴルフをすることになり「ゴルフの仕方」を教えてもらった方です。積年、貿易関連の仕事をされ、娘さんが私の会社に勤めることになったのがご縁でした。東灘区にお住みでゴルフ練習場が近くにあるから、練習して後、芦屋ゴルフ場に連れて行きます・・と云うことで、早朝、お伺いしました。練習用のクラブをお借りして、練習場に出向いたところ、そこのマネージャーが、借りてきたクラブ(パター)を見て顔色をかえて言いました。

「チョットお待ちください。もしかして、そのクラブ・・竹製ではありませんか?」・・見れば、力を入れて振りまわして、地面に打ち当てればペキンと折れてしまう代物です。出来るだけ力まずにスイングする練習にと、竹製のヤワイのを貸してもらったのだ・・と思っていましたが・・「トンデモナイ、これは戦前に造られた貴重な品です。できれば、ここの応接室に飾っておきたい位の逸品です。こういっては失礼ですが、よくド素人の貴方にポンとお使いなさいと貸されましたな。貴重なクラブです。大事にされて、当方の練習用クラブをお使い下さい」と云われて・・ナルホド・・ゴルフは、イギリス人のド根性=ジェントルマン・スポーツであると、初めて、身に染みて得心できた次第です。

 

芦屋ゴルフ場は、コースのどれも距離が短くホールイン・ワンが狙えるように見えましたが、グリーン(のアンジュレーション)が、微妙で、ホールまでの たった1メートル・50センチが、往ったり来たり・・バンカーにつかまって8回も空振りして、もういい加減ギブ・アップしたら・・とキャデイさんの声がかかっても「Never give upでやりなさい」と、N-Kさんから厳しく言い渡されました。

決して安易な「OK」はしてもらえませんでした。でも、ようやく、コロコロと2メートルほど転がった時でも・・タッタ1本の7番アイアンだけで、グリーンまで通しで対応しても、その慈眼は変わりませんでした。

私は、以降、ゴルフの接待で、相手の方にも自分にも下卑た応対や、いい加減なOK・お世辞のゴルフはしたことがありません。

N-Kさんに学んだ戦前からのゴルフ道・・を自分なりに踏襲できたのが自慢です。

あの日、記念に芦屋ゴルフ場の帽子を買っていただき、裏にマジックで、ファースト・スコア138とマジックで書いて、初心の心構えを忘れないようにしています。

私にとって「ゴルフ」は、紳士の真の「遊び」だと思います。

来日したトランプ大統領も、国賓として迎えた安倍首相も「Golf time is GOLD」・・ゴルフ道と武士道が、実は一緒の事なのだ・・の思いを持たれたかどうか・・。 

元服の書 NO30 羅漢(ラカン)とは、どんな人?

Q:羅漢と真珠(題名)の由来について教えてください 

中学・高校生とその親御さんたち~第2の人生を歩む方の求道の問いに答えて書いています

タイトルとした意は・・「羅漢」は、阿羅漢(独り坐禅をして悟道に達した禅者の意)と、中国、実在の禅者=羅漢桂琛(らかんけいちん867~928)にもとずきます。

彼は座下の求道者に垂示している時、戒律は行儀(集団作法)を規定する意味のものにすぎず、解脱(悟り)を導くものではない。自分が望んでいることは、如何なる言葉や概念でもってしても達せられるものではない・・と、戒律を捨てて禅 行脚(修行の旅)に出た。

ここからは、鈴木大拙著「禅ニヨル生活」Living by Zen 禅選集3(株)春秋社を引用します・・

禅は、ソノモノ自体に成りきって行くという立場であるから したがって単なる形式・崇拝を嫌悪する。形式・主義は人を束縛するのみであり、精神的自由に寄与するところはない。(中略)禅は 人為的な修行の規定や論理の束縛からの解脱を目的とする。換言すれば 禅は概念から自由になろうと欲する。人間は 概念を創り出し、それによって実在を左右しようとする唯一の存在である。しかし概念では実在は汲みつくせぬ。(中略)・・人間を真に自由にし、解脱させ 自身の主人公たらしめる禅の方法は、あらゆる概念、主義を容赦なく拭い去る徹底した否定・・もはや否定すべき一物もない 絶対否定に達する・・これが大いなる涅槃である。

一人の仏教哲学者が尋ねた「涅槃とは何ですか」

大珠が答えた「それは生死の業(ごう)に身を委ねないことだ」

「生死の業とは何ですか」

「涅槃を求めること・・汚濁を捨て清浄に執着すること・・獲得と到達のあるところに生死の業はある。また相反する観念を取り除こうともせぬ、これもまた生死の業である」(一切の知的努力、分析検証を捨てなさいの意・・臨済(?~867)は「造作することなかれ」盤珪(1622~1693)は「不生」で片付く・・と述べている)

「では如何にしたら解脱は得られますか」

「最初から人は束縛されてはいない。だから解脱を求める必要はない。ただ「這箇」(しゃこ・・ソレの意)を用いよ。ソレを行なえ・・それこそが比類なきものだ」・・

禅に関心のある方は、参考に、仏教学者・禅者である故・鈴木大拙著の禅集を読まれることをお奨めします。

真珠は・・満月の深海で宿った真珠を、今 この手に載せてみよ・・の公案です。真珠は、もともと、貝の中に異物が入り込んで、それをくるんだものが真珠だとか。

これは坐禅にピッタリの例えでしょう。

禅(坐禅)は、無功徳・・宇宙でただ一つ、何の役にも立たない行いです。価値も付加価値もない、ゴリヤクなしの行為です。

ですから、独りポッチのイス坐禅で、深く、自分の内なる声を探索なさることです。ただし、焦らず、リラックスして、まずは3分間ほど・・!

とりわけ絶版の素玄居士の意訳・無門関や、他、碧巌録の、心に刺さる一語を座下に置かれると、想いや欲気の消失が自然です。

有(会)難とうございました。