禅・羅漢と真珠(禅の心・禅の話,随想・雑感・・奉魯愚ブログ)

ご注意とお願い

冒頭・古い日付順で記載される場合があります。

不手際ですが、禅は新旧ではなく、ただ一つのことを、千にも万にも言い換えて、独り得心する出来事です。

●その場合⇒どうぞ下段へ・・とクリクリしてください。

 週1・2度、更新しています。

 

「あると思うな親と金・・ないと思うな運と災難」 

pcが壊れて、新しく買い替えた。昔、某大手のCM(広告代理店)を手掛けていた時、メーカーの人から、2~3年で確実に壊れるモーターを作れ・・とのアメリカからの注文がある・・と聞いたが・・デジタル情報社会も、ウイルスやらサイバー攻撃やら、過当競争やらで、ひどいことになったものだ。チンすれば、すぐ食べられるレンジのような、使い勝手の良いPC機器になるには、何時までかかるのだろう。

今の電磁的バーチャル社会は、戦争ともなれば、混乱、破壊するのに、手間暇はかからないことだろう。

アナログ人間として、本や新聞の活字を愛し、財布の現金を大事にして、この奉魯愚(ブログ)や、碧巌録・無門関の意訳など、都度にコピーして残しておくに限る。(ちょうど、数年を要した意訳が、一段落したところで、PCデスクが壊れ、USBは部分的にしか再生できず、かねてからの数百枚のコピーが役立つことになった)

 

「禅」は宗教ではない・・悟りは、いくら坐禅しても得られない・・と言うわけで、これからはPCをワープロがわりに利用して、禅に関心のある方がたに「独り・3分ボッチ禅」を推奨していこうと思います。

  *羅漢(らかん)とは、独り自悟する一般人を言います。

   真珠(貝)は、満月になると月兎を懐胎(妊娠)させるという古事によります

はてなブログ 「禅者の一語 碧巌の歩記⇒碧巌録意訳」と「禅のパスポート⇒無門関意訳」を、おりに「お気に入り」に入れて、看てやってください

  *見る/観るのではなく「看る」=手を目として見る漢字です。        

   看る実感は、板前、シェフが、料理を創る体覚でしょう。

   病人を介護する態度です。この奉魯愚を看られて・・そして、何の役にも立たない「独 

   りポッチ禅=3分間ポッチ禅」なさってみてください。

   他の方に、お勧め不要です。

有(会)難うございました。