憲法違反ではありませんか?シリーズⅡ 「NHK」問題

NHKは・・個人の・・自由に報道を選択、聴取・閲覧する権利・・を侵害していると思います。

私の場合、民放の他に100チャンネルのケーブルTV、それにWOWOWに加入、WEBのNEWSなど有り余る視聴報道を満喫しており、全くNHKは不要です。そこで、法律で決めたのなら、放送法改正の国民投票を希望します。

国民が一律に、どうして税金でもない、見もしないTV視聴料を払わなければならないのでしょうか。見たい人はWOWOW同様、オンデマンドにしたらよいでしょう。

あるいは・・公共の名のもとに地震・台風速報、選挙・国会中継や、教育教養番組など・・これは税金による国営放送にして、紅白歌合戦、時代劇、ドキュメンタリィ番組などは分割民営化することで、情報を見る自由、見ない自由を確立してほしいと思います。年間@1万数千円(6千億円あまり)・・政府や総務省、議員、高給のNHK職員。民放放送局の利権のために「公共」の名で使われてよいのでしょうか。

憲法違反ではないか?と問いかけます!

わがことにあらずと、無関心の一般の庶民感情も問題です。     

一度、国民投票をしてほしい出来事です。

普段、当たり前と思っている常識・生活習慣・団体行動に、思いがけない慣性(ドウデモヨイ・・感性)の法則が働いています。良くも悪くも本能的に「現在の生活」保全、継続に安心して変化を嫌う「居着き=執着」が強い傾向です。

でも、国民が拉致されたり、国土越しにミサイルを飛ばしたりする国交のない国に、専守防衛の名のもとに、何もしない・・出来ない政府を黙認する・・そんな無関心で、いいのでしょうか。

見もしないTVに、年間1万円以上、天引き支払いをしなければならなかったり・・

そんな、情報を選択する自由がない、

法律の下にある「憲法」なのでしょうか?