禅語・・平常心(へいじょうしん)

年賀状を廃止して久しい。

だだし、それでもいただく年賀状には、気に入った禅語の一つ二つを選んで、1月中旬以降・・普通ハガキに添え書きして出すことにしている。

準備した禅語は「平常心」と風穴の頌・・スポーツ選手などに多い禅語「平常心」への誤解について・・

集中力の素のように思われている「坐禅三昧」・・その心境は「悟り」ではない。

新聞・出版社の編集人など、平常心を「いつも努力している心がけ・・そのままに」とか・・坐禅したこともないのに、座禅と書く無神経ぶりに呆れます。

ついでに坐禅の座は「坐」と書いてほしい。

 

     無門関 第十九則 平常是道(びょうじょう ぜどう)

師 南泉に趙州 問う「いかなるか これ道」

  南泉云く「平常心 これ道」 

                *南泉(748~834)趙州(778~897)

Q公案(問題)の表題に「心」がないのはどうしてか・・?

    

あり 百花有  

  もし閑事心頭くることくんば

   すなわち これ人間好時節 無門 頌

いつもの心がけとは大違い・・(平常心とは・・無門云く・・迷いを捨てはてた生活=行いができれば、それが人の道である・・との意)

 

    長憶  江南3月裏

           とこしなえにおもう  こうなん さんげつのうち

     鷓鴣啼處 百花香

             しゃこなくところ              ひゃくか かんばし 

                                                                              *風穴延沼(ふけつ えんしょう896~973)

           無門関 第二十四則 離却語言 (りきゃくごごん)

【本則】禅者 風穴に求道者 問う

「師の禅境(地)を言葉や文字を離れて、一真実を道(い)え」   

 風穴の頌は、語言についてまわっているか?ソレトモ離れているか?

 

 

                    くれぐれもご自愛専一に祈りあげます。

                    奉魯愚をご覧いただき、有(会)難うございました。 

            馬翁+15 加納泰次 拝