ZEN・盤珪の不生禅◆佛心を念に仕替えさしゃんな・・と申すことを、俗の人に説き聞かせまする!

   ◆仏(禅)心を、念(執着心)に仕替えさしゃんなと申すことを、

      俗の人に説き聞かせまする程に・・盤珪永琢

  ◆「不生禅」フショウ禅(生まれず禅)・・

私は、日本の代表的禅者に、ここで紹介する盤珪永琢(ばんけい ようたく 1622~1693)を挙げます。(もちろん、白隠さんや一休さん良寛さんなど、敬愛する禅者は沢山おられるけれど)盤珪さんほど、解かりやすく禅を説かれた方はいません。それも一般庶民に対しての提唱です。昔、北鎌倉の円覚寺、続灯庵、故・須原耕雲老師(焔魔堂弓和尚)に寄宿、参禅していました。その近く東慶寺、松が丘文庫におられた鈴木大拙先生の著作に、盤珪さん特集があり、不生にルビが附ってないので、どう読むのかわかりませんでした。般若心経の不生不滅(盤珪禅では、生まれてないから、不滅は不要)に由来するのですが、あまりに単純なので、よく言えば知的批判の旺盛な、ズバリ言えば、口だけ達者な生意気な若者・・であった私には、ケッタイナ昔の坊さんの印象でしかありませんでした。

ところが、会社仕事の合間、3分間独りポッチ禅を工夫しているおりおりに、また、無門関や碧巌録の意訳を志しはじめた60才の頃から、盤珪の不生禅が、次第に心の片隅で、フツフツと醸成されてきたのです。

この2018(平成30)年2月、神田の古本屋で、盤珪禅師法語集、藤本槌重編著(昭和46年(株)春秋社刊)を買い求め、この奉魯愚に紹介するべく読みました。身に染みて再読しました。

*以下、文中「仏」の字を、悟り(覚者)=「禅」と置き換えています。

*平語、民衆の言葉そのままに禅を説かれています。

法語/三p186=41

「人々 皆、親の産み付けてたもったは、不生の仏(禅)心一つ。餘の物は産み付けやしませぬわい。不生なが禅心、禅心は不生にして霊明なものに極まりました。不生で一切事が調いますほどに、皆不生の禅心で居さっしゃれい。不生の禅心でござれば、今日の活禅(禅による生活)でござるところで、不生で居ますれば、迷いようもござらぬ程に、迷わにゃ悟りは要りませぬ。直(じき)な事じゃござらぬか。

また、不生なものは、不滅なものに極まりました程に、身共は、ただ不生とばかり説きまして、不滅とは云いませぬ」

p187=42

「皆、禅心を餓鬼(がき)に仕替え、修羅(しゅら)に仕替え、あれに仕替え これに仕替えて、不生で居ませず、迷いますところで、凡夫に成りますわい。身共がもうす、この仕替えぬ、と云うが肝要な事じゃと思わっしゃれい。

p187=43

「仏祖と申すも生じた跡の名でござれば、不生な場からは第二義、末(すえ)な事でござる程に、不生で居ますれば、仏祖のもとで居るというものでござるわい。至って尊いことでござらぬか。不生決定(ふしょうけつじょう)しますれば、法 成就ともうすものでござるが、その決定しました事は、我より外の人は知りませぬ。人に知らせようもござらず、また人の知ろうようもござらぬ。また人の知らぬとあっても、苦しゅうはござらぬわい。不生決定の場は仏祖も不識じゃわい。どなたに依らず、不生な事を決定めさるれば、骨を折らずに畳の上で、心安う活如来(禅による生活)で居るというものでござるわい」

◆ただ「不生」と決心、覚悟すればよいのだ。昔、禅がインドから中国に渡って来た頃、この不生禅は盛んだったが、唐代、日本に渡来して、何時しか消えてしまった。今、私(盤珪)がこれを再発見して話している。迷いは仮に起こり、仮に滅する、実体のないものである。禅心は不生だから、少しの念もない。だから迷いもない。迷わないのに悟りたい・・とは無益なこと。不生は自知冷暖・・「自ずから冷暖を知る」までのことじゃわいの・・と道(い)う。(現代でも、江戸初期の庶民の言葉が、直に心に響いてくることを願います)

「自分から念を生じ、知恵才覚、利根を出さいでも、万物はそれぞれに、自ら通じ別るるは、霊明なる禅心は不生にして、事事物物がそれぞれ埒(らち)があくということを、深く信心決定して肯(うけが)はしゃるまでの事でござる」との仰せなり。

・・解かりやすいでしょう・・もう一つだけ・・坐禅して悟りを開こうと思うのは大間違いだぞ・・と警告しておられます。

また、おりおりに盤珪さんの法語をご紹介しましょう。

はてなブログ「禅者の一語・・碧巌録意訳」「禅のパスポート・・素玄居士の無門関 意訳」おりおりごらんください。