般若心経とZEN・・現代人の、あまりにも安易で、造作的な誤解を解くため、般若心経の意訳を紹介します。

 それは・・「造作もないこと」・・です!

臨済録の「造作」と「般若心経」について・・

前回、この欄で、禅、臨済宗の始祖、臨済義玄黄檗希運の弟子ー867年逝)の言葉を取り上げた。奉魯愚を長い間、放置していた風に見えたろうけれど、私にとって、青天の霹靂とも言うべき大事な「造作の一語」である。何度も読んだ。

読むほどに、臨済という禅者が、今から1200年も前に、中國の北方、曹州の殺伐とした(荒っぽい)気質を持ちながら、南方、洪州の黄檗山で、直情純粋(一本気)な禅境(地)を貫いたことに感動する。臨済と言えば、徳山の三十棒と並び称される「喝」が有名だが、師の黄檗とて、三十棒は得意の鞭撻法であり、当時の修行法が、ひとり一人の禅的な熟成度に応じていたことが窺われる禅機の発露である。

 

臨済の「造作」については、三眼国土(足利紫山臨済録提唱 第十七講)に解説されている。

「大飯食らいの坊主が、観念坐禅をする。妄想の出ドコを抑えて、無念無想でなくてはならない・・静かに坐禅して、煩悩を起こさず、悟りを求めよ・・とか、坐禅一昧になりきって心を乱すな・・とか、みんな、これは外道のなすこと。みんな、これは「造作」=ハカリゴトだ。全部、悟りの真似事にすぎない」・・と喝破された。

この修行法が現代の寺僧に伝承されている「坐禅?」である。

坐禅に不要な知識や文化が、人の権威に纏わりつく(荘厳な服装で権威付けをする)現代にあって、それらの一切をはぎ取る素っ裸の心(浄裸々)=無依(ムエ・・人の衣類なし)での生活こそ禅行である・・と臨済は口を酸っぱくして叱責している。

 

別に臨済に限らない。過去、どの「禅者の一語」も利権、欲望の中に安心はないと・・釈尊の時代から言い続けられているのに、有難がって「般若心経」を唱えたり写経したりしている。

*般若波羅密多を深く行ずる時、総てのモノは、空(無)であると照らし見ることができ、一切の苦しみや厄災から度さ(救くわれ)るのである。

つまり、般若波羅密多(禅による生活)を深く実行しない時には、度一切苦厄は出来ない事だ・・と説かれている(これは大変、重要な警告です)

◎般若心経は「禅による生活」の神髄を貫く『呪』である。

現代人の、あまりにも安易で、造作的な誤解を解くため、以下、般若心経の意訳を紹介しておく。

 

摩訶般若波蜜多心経 (まかはんにゃはらみたしんきょう)

     『無い・無いずくしの智慧の教え』

観自在菩薩        禅者よ

行深般若波羅蜜多時    禅による生活(智慧の完成)を深く行う時

照見五薀皆空       宇宙のすべては空(無)と照らし見るから 

度一切苦厄        一切の苦しみと不安から解き放たれる

舎利子          禅者よ

色不異空         「ある」は空にことならず

空不異色         「空」は「自在」にことならない

色即是空         「ある」は、そのままに「ない」のであり

空即是色         「ない」は、そのままに「ある」のである

受想行識亦復如是     感覚や思い行い知識も またこのとおりだ

舎利子          禅者よ

是諸法空相        これらこの分別事は ことごとく空だから

不生不滅         生じてもいないし 亡びもしない

不垢不浄         汚れてもいないし きよくもない

不増不減         増えてもいないし へってもいない

是故空中無色       このゆえに「空」の中に「ある」はなく

無受想行識        思いや行いや 認識することなどもない

無眼耳鼻舌身意      眼や耳などの感覚など、意識の一切もなく

無色声香味蝕法      五感や執着する欲望のすべてもない

無眼界乃至無意識界    意識する世界、無意識、本能の総てもなく

無無明亦無無明尽    因果応報や煩悩もない、ないと思う事もない 

乃至無老死       さらに、老いて死ぬこともない

亦無老死尽       また老いて死なないということもない 

無苦集滅道       死苦八苦する、輪廻の業や愛執もない

無智亦無得       智もなく また得るものもない

以無所得故       その得るところ無きゆえに

菩提薩埵依般若波羅蜜多故  大いなる智慧(禅)により禅(さとり)を 

              体得(かんせい)するのだ

心無罣礙無罣礙故      心にこだわりがなく 疑いなきゆえに                   

無有恐怖          恐れおののくことがない

遠離一切顛倒夢想     あらゆる妄想と執着が離れ消えて無くなり  

究竟涅槃         ついに安心となる 

三世諸仏         過去現在未来、無限に大覚した禅者は

依般若波羅蜜多故     禅行(さとりのかんせい)

             禅による生活のゆえに              

得阿耨多羅三藐三菩提   ピチピチと躍動するいのち・・そのもの

故知般若波羅蜜多     禅による生活を、ただそのままに享受する         

是大神呪 是大明呪    (ゆえに)この霊妙で光り輝く真言をのべ 

是無上呪 是無等等呪   この比較できない心の不思議をのべ 

能除一切苦        よく一切の苦しみを除き、

真実不虚         真実にして虚(むな)なしからざる 

故説般若波羅蜜多呪    禅による生活を呪(マントラ)に説く

即説呪曰         呪に説いていわく

羯諦羯諦(ギャテイ ギャテイ) 来たぞ 着いたぞ

波羅羯諦(ハラ ギャテイ)   まったき青空のただ中に

波羅僧羯諦(ハラソウギャテイ) よくぞまあ すがすがしいこと

菩提娑婆訶(ボジソワカ   禅者は かく自然(ありのまま)なり

般若心経 

 

 

 

 

臨済からの厳しい呵(カク=叱りつけの意)・・「正しい坐禅」とは・・

 「正しい坐禅」とは・・

坐禅をすると、胸中に様々な、想いや欲望が生まれる。これを抑圧するかのように無理に除外しようとするのは間違いです。

念慮の起らないように苦心して、無念無想になろうとして坐禅をするのは「邪禅」です。無念無想などは、剣道の極意かもしれないが、死んだ骸骨のやる禅です。この邪(よこし)まなやり方が、それらしい形だけ求める坐禅(瞑想)では「静慮」として、どうしても静かな環境を求めることになります。

この邪禅をやる結果、騒々しい場所での坐禅を嫌い、深山幽谷の中に入り込んで、人に会うのを嫌ったり、暮らしや仕事の最中を避けたり、夜坐を好むことになる。これみな外道の法です・・と、釋 宗活老師は「臨済録講話」昭和16年 光融館発行で提唱されています。第2次大戦に突入する直前、禅宗(当時2万有余の禅寺がありました)が、こんな警告・・それも臨済宗の祖、臨済の語録を講話する中で意訳発言しているとは、刮目します。

 

わざと出典(由来)を後にしたのは皆さんに失礼だったかもしれませんが、私の意見だと誰も真剣に思ってくれないからです。

さらに、釋 宗活老師は、無念無想=坐禅三昧の境界にいたるのが、禅の本領、目的と誤解している瞎禿子(カットクス=禿げ頭、バカ坊さんの意)が多い。それだけ達磨禅=臨済禅が布教されていない・・と、臨済が戒めた寺僧の退廃を、厳しく警告されました。

【一般の瞎禿子あって、飽くまで飯を喫し終わって、すなわち坐禅観行し、念漏(ねんろう)を把捉(はそく)して放起せしめず、喧をきらい静を求む。これ外道の法なり】

臨済語録 意訳・・続けて・・                    【祖師(臨済)云く、なんじ、もし心を静めて静を看、心を挙(こ)して外に照らし、心を接して内に澄ましめ、心を凝(こ)らして定(じょう)に入(はい)る。かくのごときのならい、皆これ造作(ぞうさ)なり】(勝手な思惑、手段であるの意)

さらに言葉を継いで・・求道者の「坐禅したい」と思う、その主人公は、荘厳(そうごん・印可証明、肩書勲章)しうるものにあらず。過去現在未来を透して、赤裸々にあり、毛筋一本、掛けようとしても徒労である。

 

世間に「安悟り」を喧伝する、いかにも荘厳な寺にいる坊さんに騙されるな。・・誰それは不思議な霊徳を持っていた・・とか。禅定に一枚の紙を坐となし、その紙を引き抜くと、破れることなく、無造作に引き抜けた・・とか。まるでマジックか、奇跡のようなことをいう輩が出てきた。

本来の大道から言えば、釈迦、達磨、われ・・何者ぞ・・と独り坐禅して、巷(ちまた)の下劣な漢となるなかれ・・臨済は、このように呵された(カク、叱る意)・・のである。

 

戦前、七十五年ほど前に、坐禅の在り方ひとつ、千年前の臨済の警鐘をつたえた両忘老師。昔から、いかに、禅を飯のタネに利用していた寺僧が多くいたか・・戦前から現代まで、いかに寺僧の組織、集団の圧力が、坐禅の仕方一つ、臨済の忠言を無視して偏っていたか・・よくわかります。

 

今や、観光禅、漫画禅、茶華道禅、学者哲学禅、他、多種の飯のタネ禅など、邪禅・・おおはやりの現在、絶滅種となった純禅を想い「独りポッチ禅」を標榜して、この奉魯愚を書いています。

おそらく東洋人、それも日本人にしか伝わらぬ「ZEN」のDNA・・いつか、どこかで発芽してくれる事を願っています。

臨済録は、碧巌録、無門関の現在、意訳=奉魯愚 掲載中の目安が出来次第、挑戦するつもりです。縁る年波と病気から、馬翁+15・・どれだけ閻魔をダマして逃げ切れるか・・デスかネ。

 

ある人・・達磨大師に問う・・いかなるか、是れ【苦】と・・

達磨大師「楽・・最も苦なり」

今、寝読しているのが臨済録(講話/釋 宗活著 昭和16年光融館発行)だ。その一節に・・公案「父母、未生以前、本来の面目」を、釋 宗活老師が臨済の「夢幻の伴子(バンス肉体、欲と執着)に認着するなかれ」の一語を引いて、講話されているのに・・心惹かれた。

 

この肉体は、遅かれ早かれ無常に帰るものだ。どれほど貧着(とんちゃく)したところで、安心は得られない。本来の自己=主人公は、肉体ではない。「依るな」=人が衣をまとう・・ように煩悩を着るな。心は浄裸々(じょうらら)であれ・・と言われる。

 

たとえ殊勝な、禅の見解、玄妙な境界を生活の中に呈しようと、それらは、ことごとく聲名(しょうみょう)文句である。目から読み、耳から聞き、幾多の経文の中から持ってきたところの、献立看板である。どれほど、巧みに説きえても、言い当てたとしても、夢幻空華(むげんくうげ)取るに足らない。大事なのは、その夢幻の中に乗じて、出てくるイキイキした心の働き・・そのもの・・無依(むえ)の道人が、禅の境地なのだ。

 

禅の玄旨(奥義=そのもの)は、われは玄旨であると称することができないものだけに、例えれば・・鐘に撞木があたれば、その当たったところから、直ちに「ゴオーン」と応ずるようなものである・・と説かれている。

 

いずれ、碧巌録、無門関の意訳の後に、本命「臨済録」で、修行の足跡をたどりたい。鈴木大拙と江南軒、勝平大喜に師事、参禅した父=白鷗大魯が、書画の多くに賛書した語録だから、せめて、そこまで登頂したい・・と思います。

 

釈尊と書く、正式の名前は?・・お答えします。

「釋迦牟尼世尊」(しゃかむにせそん)の略。仏陀は、覚者=悟れる者の意。「佛性・佛とは?」の公案の問いに、一律「禅とは?」の文字を当てはめ、「僧」は求道者・・「禅庵の師家」は老師とするか、敬称を略しています。佛は仏像とか、仏教とか、雑多な意味を連想するので、「禅」としています。

憲法違反ではありませんか?シリーズⅡ 「NHK」問題

NHKは・・個人の・・自由に報道を選択、聴取・閲覧する権利・・を侵害していると思います。

私の場合、民放の他に100チャンネルのケーブルTV、それにWOWOWに加入、WEBのNEWSなど有り余る視聴報道を満喫しており、全くNHKは不要です。そこで、法律で決めたのなら、放送法改正の国民投票を希望します。

国民が一律に、どうして税金でもない、見もしないTV視聴料を払わなければならないのでしょうか。見たい人はWOWOW同様、オンデマンドにしたらよいでしょう。

あるいは・・公共の名のもとに地震・台風速報、選挙・国会中継や、教育教養番組など・・これは税金による国営放送にして、紅白歌合戦、時代劇、ドキュメンタリィ番組などは分割民営化することで、情報を見る自由、見ない自由を確立してほしいと思います。年間@1万数千円(6千億円あまり)・・政府や総務省、議員、高給のNHK職員。民放放送局の利権のために「公共」の名で使われてよいのでしょうか。

憲法違反ではないか?と問いかけます!

わがことにあらずと、無関心の一般の庶民感情も問題です。     

一度、国民投票をしてほしい出来事です。

普段、当たり前と思っている常識・生活習慣・団体行動に、思いがけない慣性(ドウデモヨイ・・感性)の法則が働いています。良くも悪くも本能的に「現在の生活」保全、継続に安心して変化を嫌う「居着き=執着」が強い傾向です。

でも、国民が拉致されたり、国土越しにミサイルを飛ばしたりする国交のない国に、専守防衛の名のもとに、何もしない・・出来ない政府を黙認する・・そんな無関心で、いいのでしょうか。

見もしないTVに、年間1万円以上、天引き支払いをしなければならなかったり・・

そんな、情報を選択する自由がない、

法律の下にある「憲法」なのでしょうか?

自衛隊の専守防衛と拉致奪還は、憲法違反か・・

●空手に先手なし・・の極意とは・・

刀や槍で戦った昔でも、弓矢の攻撃に、飛んでくる矢だけ防衛するのが専守防衛だ・・という間抜けな戦いはありませんでした。  

弓を持つ部隊や、投石器を破壊してこそ防衛だ・・と言えます。         

殺人鬼の武器だけ捕獲して、犯人を野放しでは法治国家ではありません。無期懲役や死刑にして、二度と悲劇が起らないようにするのが、専守防衛・国防の自衛隊ではありませんか。

でも、北朝鮮からミサイルが日本の本土越しに、アメリカ、グアムに飛んでいく時代に、専守防衛の在り方が、70年前~50年前と同じでは、B29の空襲に竹やりで戦った日本と変わらない思考、対応です。

◆昔、私は、沖縄発祥 剛柔流空手をやっておりました。    

「空手に先手なし」・・先制攻撃を受けてから戦いを開始しても、負けない攻撃が基本でした(つまり防御手段が、即、攻撃になっている技=交差法)・・真の専守防衛は、日本の国土に、外国が攻撃を仕掛けたら、それを受けて立つと同時に、相手国が2度と攻撃できないようにする・・クロスカウンターを放つ事だと考えます。

(そんな覚悟が出来ない優柔不断な、ヘナヘナ政府と自衛隊じゃ、アメリカだって助けに来たくないでしょう・・ついでに言えば、拉致者の奪還を覚悟して、部隊編成できない自衛隊に、国民とその国土を守れるのでしょうか?)

憲法は・・拉致された国民を奪還するのを、違法とするのですか・・?              

◆昔、沖縄はヤマトンチュウ・・サトウキビの産地として、薩摩の植民地でした。農民や女性は武士たちの暴力から貞操や生活を守るため、素手や鎌、ヌンチャク(稲をうつ農具)で、刀と戦う空手を習得したのです。圧政に苦しむ農民の、武士への防衛=無刀取りや、眼玉、金的打ちなどの禁じ手=交差法攻撃は、型演武の中で見ることができます(か弱い女性が、命がけで刀の武士と戦った開手(平安)型演武などです)

◆沖縄は、基地が多く暴力事件の多いのは、さぞかし大変でしょう。その沖縄に対し、もっと協力発展の資金を、国及び他の都道府県が出すべきです。それとMP(対軍人・保安隊)を編成、配備して、アメリカ軍とその関係者を対象として、暴力や事故の予防・防止に率先、徹底して努めるべきでしょう。

◆これから・・戦争となる国は、巨大な共産党独裁国家尖閣を絶対に取って見せると・・あと50年でも100年でも虎視眈々と狙う共産党=独裁大国=中国です。それに隣接して、拉致と核開発を行う独裁国家北朝鮮です(背後には、引き分けといって永久に北方四島を返還しないロシアがいます)

将来、沖縄は・・アメリカ軍をグアムまで後退させても、自衛隊の精鋭が交代する事態となりましょう。何時までも、飛んでくるミサイルと、領空領海を侵犯した敵を追い払うことだけすれば、国土国民の防衛は大丈夫・・とする政府の思いは、今を機に払拭することです。

憲法を変えねば、何事もできない・・という前に、非常・有事や拉致奪還部隊の編成には、即、国民投票で決める覚悟さえあれば、何ほどの問題もないはずだ・・と考えます。 

◆千年も前の禅語録を意訳紹介している馬翁+12の老禅者が、法律や社会の問題に、どれだけ関与できるのか・・問いかけられます。

生死(老病死苦)は、医者と宗教/寺僧に任せておけ・・のご意見に反論して、生きる・・ことを人間として思う時・・法であれ、仕事や納税であれ、看病であれ、子育てであれ、正直に対応していく行政・生活態度こそ一番に大事なことだと自覚しています。

拉致事件で、国交のない国へ自衛隊の救出奪還に海外派兵することが、憲法に違反する・・出来ないこと・・とする政治・政府に、どうしても納得できないのです。最高裁は、北朝鮮拉致事件を、国家間の紛争とみる根拠を説明する責任があると思います。

拉致は卑怯な刑事事件です。欧米なら解決(救出奪還)に軍隊や自衛隊が出動することに異議を唱える国家はないと信じます。国家利権の紛争ではないのですから・・(これは前回の奉魯愚で発表しました)

私は、日本=沖縄は「空手に先手なし」の精神を、中國・朝鮮ある限り、永久に受け継がねばならない宿命の地・・だと思っています。

 

Q:坐禅はどのようにすればいいのですか?

Q:落ち着かない毎日です。

どこかで写経や坐禅・瞑想でもしたら・・と考えていますが、どうすればよいのでしょう?

●私は、一般人が、寺僧の指導による写経や坐禅会などに参加され、集って法話を聴かれたり、坐禅の真似事を数回なされる・・など、お勧めできません。

結局、興味本位でやるだけで、あとが続かないからです。

特に女性は、現実的で、何の役にもたたない、面白く(楽しく)もない、坐禅など、すぐに飽きてしまいます。

もし、無性、無心に「坐禅」でもしたいなぁ・・と思われたのなら「3分間独りポッチ禅」をお勧めします。

無料で、自宅や職場の休憩時間、通勤電車の中でも、寝る前でも・・いつでもどこでも、すぐにできるからです。

また坐禅する前に、この坐禅は・・何ら心理的な改善に、役立たないもの(無功徳)であること。悟りは求めても得られないこと。ZENは、神仏に欣求祈願する「宗教」ではないこと・・を承知しておいてください。

この坐禅は瞑想ではありません。目を閉じず、半眼にして、2メートルぐらい前を見て、姿勢(背筋をまっすぐに)ただし、椅子に坐るなりして、独り、静かにゆっくりと・・一呼吸10秒とすれば・・18呼吸で、3分間・・TVやスマホや、世間の雑音から離れて過ごしてください。

手は印を結ぶとか、結跏趺坐(けっかふざ)するとか・・ややこしいシキタリは要りません。肩の力を抜いて、雲のように湧いては消える・・思いや妄想に執着しないで、独りポッチ禅をなさることです(熟睡時、手足はどうしたか覚えていないでしょう)

●気が付かれたかもしれませんが、昔から坐禅と書いて、座禅と書きません。独りどっしりと大地にスワルことを言います。

●この呼吸を数える数息観(すうそくかん)のかわりに、念仏を唱えたらだめか・・とか、昔の禅語録の公案坐禅時の問題)解決をしたらどうか・・とか、昔、中国でも日本でも、念仏禅はありましたが、フッと気が付けば30分あまり、ポッチ禅をしていた・・そんな境地にいたれば、次のステージでしょう。

(マア3年~5年、数息観でやってみることです)

参考の禅語録は「碧巌録」・・禅者の一語(はてなブログ)で意訳中。または「無門関」・・禅のパスポート(はてなブログ)で意訳中・・のいずれかを、おりおり覗いてください。

千年前の禅者たちの言動に、何か「ン?ン?ン・・?」と、心惹かれる疑問が出た時こそ・・あなたの中に素直な「ZEN」が発動したのです。

どうせすぐにエンストするでしょうが、たった3分間・・されど3分間・・弧独に、やれるときになさってみることです。

手助けできる指導書、道標はありません。

●自分を安心せしめるのは、自分しかないことを覚悟するのが禅です。

 

このブログを読まれた方・・知人のどなたかと意見交換なさってください!

北朝鮮 拉致問題のお尋ねについて・・馬翁の意見です!

酷(ひど)いですね・・政治、議員の利権、退廃ぶり、目に余ります。辞職、くびをすげ替えれば責任が取れると思い込んでいる破廉恥ぶりや、マスコミの浮かれた報道ぶり・・昔、某評論家が「テレビは1億総白痴化」だ・・と喝破していました。

●まず、私の質問です・・国内で、もし女の人を拉致した奴がいて、それを認めたのに、警察が何もしない・できない政治(家)の国だとしたら・・あなたは安心して暮らせるでしょうか?(この日本の現実です)

外国(それも国交のない国)で、拉致を認めたのに、引き渡しをしない国があれば、自衛隊が堂々と要求し、引き取りに行くことが、憲法に抵触することでしょうか?

紛争に交戦権を放棄する・・といっても、勝手に、平和で温かい家庭にいる者を、密かに拉致して、バレルまで知らん顔をしていた・・しかも、自分の兄弟、親類まで暗殺する独裁、将軍様の国です(彼は、事の是非をバランスよく比較できる正常人ではありません)

 

●日本の国民とその主権を守る憲法の文言に、拉致まで、引き渡しを要求して奪還することができない・・と、どこに書いてあるのでしょうか?

拉致者奪還の問題を憲法自衛権のせいにする・・総理を筆頭に、政府や政党、その国会議員最高裁NHK朝日新聞他・・の、蕎麦屋の釜の中(湯うバカリ)の・・正義と国民を守る義務を放擲した言動を、選挙や責任・賠償、NHK(民放化解体)など、厳しく見守っていく必要がありましょう。

●提案です。まず国連演説で、まっとうな決意をした総理大臣が、拉致事件の実態と経過、これからの救出奪還行動を呼びかけ、大方の国の協力、賛同を得ることです。

*賛同の国々を通じて、拉致情報を募り、情報提供者の国際的な保護、亡命。国を挙げて生活・安全を保障してあげること。*自衛隊に、空陸海・救出奪還部隊を編成して、独りでも多くの拉致者、その情報、救出協力者を回収する作戦訓練を行うこと。事情によっては、フランスの外人傭兵部隊のような、救出作戦に特化した部隊編成を募ってもいいのでないか。*これら情報の収集、部隊編成、世界あて発信、報道、予算の要は、拉致救出担当相が、その完遂まで継続、超党派で一任される・・

こうした国の覚悟と、世界に発信、行動する日本に、中国やロシアなど、反発するとしたら、もう、貿易の相手国にさえしない方がいいでしょう。

もし、相手が穏便に、拉致者帰還を可能にするなら、救出奪還部隊は、速やかに解体しましょう。

●日本という国が出来てから朝鮮戦争の頃まで・・2千年あまり・・当たり前に持っていた、国家意識、平和希求の覚悟と民意は、いつ、誰の手によって弱体化、消滅してしまったのか・・テレビやスマホのせいだけにする訳にいかないことです。

また、核問題でも、世界で初めに2発の核爆弾を被ばくした日本が、2発の核爆弾を発射する権利を正当に留保している・・のでないか・・と思っています。国際的な法律、裁判官の意見を聞きたいものです(となっても留保する権利のみの主張ですが・・)

●私には、主義や憲法や国家を論ずる意図も関心もありません。拉致を、やむを得ないとして(胸にバッジをつけて)放置する国政、体制、総理大臣に・・ウンザリしています。政治や議員・役人が、社会の表に立つのではなく、庶民がイキイキと生活する日本であってほしい・・と願います。